• Lottie

Kontacto East Studio にて、スーパーフードのワークショップを開催しました!

セミナーや研修の経験はありますが、試食付きイベントは初めて。

9月5日に「美味しくて体も喜ぶ酒の肴 〜いつまでも若々しく健康でいるためのスーパーフード活用法」試食付き講座を開催しました。

感染リスク防止を最大限に優先したので、少人数での開催。


和やかな雰囲気で行われました。

「いつまでも若々しく健康でいる」ということは、やはり「体内炎症」と「腸内環境」について理解が大切。そこで、前半は、「体内炎症」、「腸内環境」、「アンチエージングの最新の研究」をご紹介したうえで、「なぜ慢性炎症が体によくないのか?」についてお話をしました。

そして、「消化のメカニズムと腸内環境」「腸内細菌の多様性」「腸と健康」「腸とハッピーホルモン」についてお話をし、日ごろの食事や生活習慣の大切さ、スーパーフードを毎日の生活に取り入れるメリットについてお話をしました。


今回ご紹介したスーパーフードは2種類。


モリンガ:ビタミン、ミネラル、たんぱく質、食物繊維が豊富で、抗酸化・抗炎症作用に効果が期待できる


甘酒(米麹):ビタミン、食物繊維が豊富で、抗酸化成分が含まれている

アンチエージング的には、毎日摂るのがよいとわかっていても、簡単で美味しくないと長続きしません。そこで、今回は「混ぜる」もしくは「切る・混ぜる」だけでできるものをご紹介しました。

モリンガは、塩と混ぜて「モリンガ塩」に。こちらは、たんぱくな魚やお肉にとてもあいます。

甘酒は、ニンジンをすりおろして、他の材料(塩こうじ、お酢、オリーブオイル)と一緒にハンドミキサーで混ぜてできる「甘酒ニンジンソース」に。こちらは、サラダやたんぱくなお魚やお肉に合います。このソースは冷蔵庫で約1か月は保存が可能です。

おまけとして、「甘酒ニンジンソース」に使う塩麴で作る「塩こうじのアンチョビソース」(これも混ぜるだけ)をご紹介しました。こちらもたんぱくなお魚やお肉にもあいますが、バゲットつけたり、パスタとあえたりしても美味しいソースです。

このようなソースを作り置きしておけば、忙しい時でも便利ですし、簡単にスーパーフードを取り入れることができると思います。

今回のお料理:

モリンガ塩で食べる旬の野菜の天ぷら

甘酒ニンジンソースで食べるチキンのグリル

塩こうじアンチョビソースで炊いたご飯で作る焼きおにぎり


調理は、703キッチンの平シェフにお願いをしました。

今回の講座の特典は「お店が厳選した焼酎を1杯飲める!」です。

主催者様に芋、米、麦をご用意ただきました。完全オーガニックの焼酎もあり、参加者の方も楽しく選んでおられていました。


実際に焼酎とお料理のマリアージュを楽しんでいただくことで、よりスーパーフードを身近に感じていただけたのでは?と思います。

参加者の皆さんも「座学に加えて美味しいお食事と焼酎を楽しめる!」と喜んでいただけたようです。

「次回は、ストレスについてお願いします」「次回は、睡眠かな?」と次回開催のリクエストも頂き、本当に楽しまれた様子がわかりました。

今回のようなスタイルの「座学+実践方法+実食」形式のシリーズ展開を今後考えていきたいと思いました。

参加者の皆さま、本当にありがとうごあいました。

主催者様、このような機会をいただき本当にありがとうございました。

そして、703キッチンの平シェフ、美味しいお料理ありがとうございました。

6回の閲覧
 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2019 by ホリスティックヘルスコーチング. Proudly created with Wix.com